テレフォンセックスの魅力や楽しみ方

コツのひとつは、言葉でしっかりと状況を説明すること

通常なら同じ場所、同じ空間にいなければできないセックスですが、電話を使うことでそうした制限を超えてどこでもプレイを楽しむことができます。
電話が繋がる環境があれば、誰とでもすぐに行為に及ぶことが可能であり、相手さえいれば楽しみたいと思った時にタイムリーに性欲を満たすことが可能です。
テレフォンセックスは聴覚を強く刺激するのも特徴でしょう。
セックスをしている時、肉体的な刺激が興奮に繋がるひとつの要素ですが、耳から聞こえる音というのも非常に重要です。
相手が感じている時の声や肉体が触れ合う時の音など、こうした要素があることによって興奮を感じやすくなり、気持ちが盛り上がっていく感覚を味わっているという人が多いでしょう。
それだけ聴覚への刺激は重要であることの証明であって、セックスにおいて欠かせないエッセンスと位置付けることができます。
そしてテレフォンセックスの場合は、聴覚をフルに活用します。
耳から入る刺激がドキドキを高め、直接的に触れ合わずとも得も言われる快感をもたらします。
人は間接的な状況ですと大胆になることができますので、欲望のままに通常のセックスとは違ったいやらしい自分たちでプレイを楽しめるでしょう。
こうした魅力があるのがテレフォンセックスですが、実際に楽しむ際にはコツがあります。
間接的に行うということもあり、やり方が良くないといまいち満たされずじまいになってしまうかもしれません。
コツのひとつは、言葉でしっかりと状況を説明することです。
言葉の応酬があってこその行為でもあり、口数が少ないようですと相手も興奮を感じにくくなります。
相手のテンションが上がらないとこちらも気持ちを作りにくくなるものですので、いまの自分はどのような気持ちなのか、肉体はどんな風に変化しているのか、細かく使えるようにしましょう。
その際、普段ではなかなか口にしないようないやらしい単語なども発することになりますが、それこそが重要なスパイスです。
エッチな単語をどんどん出すことで相手の興奮を刺激し、相手も返してくることでこちらもより気持ちを高めていくことができます。

普通のセックスでは感じられないドキドキ感を味わうことができるコツのひとつは、言葉でしっかりと状況を説明すること頭の中でシーンを描きながら楽しむことで快感を得られます